「そうだ、京都行こう」は最高!

テレビCMで何と言っても好きなのが、「そうだ、京都行こう」です。
このCMはだいぶ前から、たぶん10年以上前になると思いますが、最初から好きでした。
映像のキレイさはもちろん、曲の素晴らしさがピッタリです。

 

曲はあの有名な「マイフェイバリットシングス」。これは、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中で使われていた曲で、子供達が雷に驚き怖がっているとき、勇気づけるために先生が歌う曲として有名です。

ジャズでも有名な曲で、かなりのアレンジがなされており、さまざまな歌手が歌っています。

 

「そうだ、京都行こう」では、日本のギター奏者で兄弟で活躍しているGONTITIが演奏したものを使用していますが、あの曲調と京都の風景がマッチしています。

 

実は、このCMは、電通が制作していると思われますが、最初は、佐々木さんというディレクターが担当しており、広告業界では有名な方でした。
以前、地方の講演会に来ていただいたことがあり、車で送迎の際に少しだけ話したことを覚えています。その時に、このCMのことを話していました。

 

1年間を通して、流れているCMだと思いますが、京都のシズル感が表現され、行きたくなるCMです。たぶん、あの風情を醸し出せるのは京都をおいて他にないでしょう。
日本を代表するCMかもしれません。

 

JR東海「そうだ 京都、行こう。」1993-2012