カルビーのポテトチップスCM藤谷美和子

かっぱえびせんのカルビーが、新商品ポテトチップスを発売した。

その時の藤谷美和子を起用したCMが、コンパクトでインパクトがあり話題になって商品が売れた。

藤谷美和子もそのかわいらしさで人気者となり、デビュー当時はまだ10代の初めだったが、女優として独り立ちしていくこととなる。

 

カルビーは、1973年広島から本社を東京に移し、社名もカルビー食品株式会社からカルビー株式会社に改め1975年ポテトチップスを発売した。

ある意味このポテトチップスの発売はカルビーにとって社運を賭けた大事であったはずである。

 

当然CMの作成には心血を注いで、絶対ヒットを取るというスタンスで臨んでいたはずである。

藤谷美和子の起用も、あの11秒の短いCMも試行錯誤の、そして絶対の自信をもって世に出したはずである。

カルビーの戦略はあたりCMはヒットしてポテトチップスは息の長い人気商品として消費者に定着し、カルビーの躍進を支える主力作品となった。

 

まだ幼さの残る藤谷が、たどたどしいしゃべり方表情で、「100円でカルビーのポテトチップスは買えますが、カルビーのポテトチップスで・・・」のせりふは言ってることは当たり前だが、ユニークで分かり易く、視聴者を捉えポテトチップスのコーナーへ誘った。

喋りとともに、藤谷のきょきょろした目の動きもよかった。

11秒の中に視聴者を捉える要素を見事に入れ込んだのである。

 

その後女優として成功した藤谷が元祖ぶっつん女優になって表舞台を去ってしまったのは寂しい限り。

ぶっつんした過去も受け入れるから元気にまたカムバックしてくれないかと思う。

 

カルビー・ポテトチップスCM【藤谷美和子】 1977