女子大学生就活の、リアルなCM

東京ガスの、女子大生の就活をテーマにしたCMです。
(アドレス https://www.youtube.com/watch?v=ZttlQvI6_Zg)

 

リクルートスーツ姿の女子大生の、何十回目のお祈りメールだろう、という独白から始まります。
電車でよだれをたらしながら帰宅中、夢の中でも面接風景が出てきて、それも、今回はご縁がなかったということで、で締められるという、大きなストレスを感じさせるものです。

 

もう無理、とつぶやく中、LINEと思われる文に、友人の内定獲得が。おめでとうとメッセージを送って自分を奮い立たせます。
あちこちかけまわり、選考が進み、やっと最終面接へ。それも手応えあり。

 

久しぶりに母親には一緒に御飯を食べられると連絡をして帰宅途中に、レアチーズケーキを買ったりして、ちょっとうかれた気持ちで、家に入ろうとした時、メールを着信します。

 

このCMは、苦情があったということで、放送が中止されたそうです。

それは、あまりにリアルすぎて、見ていて辛くなるから、という理由のようですが、少し理不尽に思えます。

 

最後まで見ればこのCMがネガティブなものではないのは明らかで、しかも、むしろ、打ちのめされている人に活力を生むようなものだとも言えるくらい、前向きな終わり方をしています。

 

東京ガスのCMだということを忘れてしまうくらい、1分30秒の中にしっかりとした物語がある作品になっています。

 

リアルな就活 批判受け東京ガス放映打ち切り