英語のやり取りが面白いカップヌードルのCM「SURVIVE! グローバリゼーション篇」

私にはどうしても紹介したいテレビCMがあります。
何度見ても面白いと感じずにはいられないほどのハイセンスなCMで、女性でも笑って楽しめる内容なんです。

 

そのCMとは日清食品、カップヌードルのCM「SURVIVE! グローバリゼーション篇」。
動画はこちらから見れます。
(http://www.youtube.com/watch?v=NoV-lai_IIc)

 

甲冑を身に纏った社長が告げる理不尽な一言でCMが始まります。
「我が社の公用語を英語にします!」

 

驚き愚痴をこぼす社員達は馬に乗ったり武器を持っているものの、しっかりとスーツを着ていて日本のサラリーマンらしさを感じさせます。
その社員達が「俺、TOEIC300点だし…」「俺なんて英検3級…」「日本語だって怪しいのに…」とぼやいている姿が面白いです。
英語が苦手な日本人を象徴しているシーンだと思いませんか。
そして舞台は何故か戦場へと移ります。

 

英語が得意ではない社員達はそこで新しい上司である外国人と向かい合います。
「Hi!」と話し掛けられた彼らは一生懸命、知っている限りの英語を使って話し掛けていきます。

 

しかし「pardon?」と全く通じ無いどころか、何故か大砲をぶっ放されてしまって可笑しいです。

このシーンを見ていると、皆さんが中学校で英語を勉強していた時のことを思い出して「クスッ」とするのではないでしょうか。

 

「英検3級なめるな!」と叫びながら、上司に向かって突っ込んでいく社員達。
そこで発した言葉は「グッドモーニング!」。
上司の「How are you?」との問いかけに、「ファインセンキュー、アンドユー?」という中学生レベルのやり取り。
多くの人が共感してしまいながらも、まるで短編映画を見ている様な出来栄えになっています。

 

このCMの面白さのツボは、一体何のCMなのかよく分からない所にあります。
正直初めて見た時には英会話のCMなのではと思ってしまいますよね。

 

一応『ハラがへっては、闘えない』と言いたいわけですけど、そんなことはどうでも良いと思わせてくれる面白いCMですよ。

 

カップヌードルのCMが面白い