時代を表している思い出深いCM、JR東海クリスマスエクスプレス

私の最もお勧めするCMは、JR東海のクリスマスエクスプレスの牧瀬里穂編です。

 

このクリスマスエクスプレス編のCMは、毎年違った女優さんが出演されており、今もドラマなどで活躍している深津絵里さんが出演されているものもあるのですが、深津さんが出演されていた1988年は、私が受験生だったせいかあまり記憶に残っておらず、大学に入り一人暮らしを満喫し始めた1989年のものが強く印象に残っています。

 

山下達郎さんの「クリスマス・イヴ」をバックミュージックに、牧瀬里穂さんが遠距離恋愛中の彼氏をプレゼントを片手に駅で待っているというものなのですが、今は携帯電話やメールなどで距離をあまり感じずに遠距離恋愛を楽しむことが出来ると思います。

 

当時は駅のホームで涙流れに別れを惜しむカップルをしばしば目撃した記憶があり、私もその一人ではありましたが、会える瞬間のワクワク感や嬉しさは、今では考えられないほどのものだったと思います。

 

そんな遠距離恋愛の味方のような存在であった新幹線、金額も安くないのでそれほど頻繁に利用できるものではありませんでしたが、クリスマスという恋人達の一大イベントを素敵に飾ってくれるものでした。

 

山下達郎さんのクリスマス・イヴも大ヒットし、このCMが流れ始めると、もうすぐクリスマスがやってくるんだなと思わざるを得ませんでした。
私の中では、クリスマスの曲と言えば、真っ先にこの曲が思い浮かびます。

 

60s JR東海 CM クリスマス エクスプレス 牧瀬里穂 1989年

 

 

私が今回紹介するCMは、JR東海のクリスマスエクスプレスのCM全編です。
(https://www.youtube.com/watch?v=Mck3VVntijA)

 

このCMを一言で表すと、胸が締め付けられるCMです。
CMの内容としては、遠距離恋愛をするカップルを繋ぐ唯一のものとして、JR東海の新幹線がありクリスマスを一緒に過ごすために利用しませんか?といったものです。
面白いとも感動するとも違うのですが、それでも何度でも見たくなってしまう・・そんなCMです。

 

私が考える理由としては、やはり憧れの部分があるのではないかと思います。

ドラマのようなものです。

 

年代的にもまだ携帯電話が普及していない時代のものですから、そんな恋人同士、頻繁に連絡が取れていたわけでもないでしょう。
だからこそ久しぶりに会った時の感動は大きいもので、そういった部分に非常にロマンチックな要素を感じます。

そこが女性の視点でも非常に憧れてしまうものだと思います。

 

私自身、そういった恋愛の経験があまりないため、非常に羨ましく感じます。
また、そのためか見ているとニヤニヤしてしまいます。

 

そうなってくると何度でも見てしまうんです。
見れば見るほど味が出てくるそんなCMです。
そしてあのレトロな雰囲気も後押ししてか、非常に懐かしいような気持ちにさせられます。

 

平成初期の時代を思い出したい方、恋愛の雰囲気を思い出したい方
そんな方々におすすめしたいCMです。
是非ご覧ください。

 

JR東海CM クリスマスエクスプレス X’mas Express 全編